液体ガラス

木材をガラス膜が安全・清潔に保護!
◆木材表面の抗菌、抗カビ、ダニ忌避に効果的!

ウッディセラ

塗っただけで木材の腐りやシロアリ食害は防げます!
木材の燃焼は抑えることができます!
木材表面を堅くします!

屋外で使用される木材はいったん腐朽や食害が始まると、木部が欠損し強度が一気に落ちてしまう問題や、ささくれ・トゲの問題に直面することになります。従来技術ではその補修作業自体が大変難しい問題がありました。 「ウッディセラ」は、伸縮性セラミック塗料で木材に強力に密着して防腐・防蟻性を回復させ、ささくれやトゲの発生を防止します。

【特徴】
■塗るだけで防腐、防蟻効果を発揮
■塗るだけで難燃性が向上(H26.7 防炎試験適合)
■反応型セラミック塗料によって木材の耐候性を大きく向上させる
■木材の防腐・防蟻性を高める
■ささくれ・トゲの発生を防止する
■耐侯性:メンテナンスフリー(10年水性以上)

ウッドレスキュー

ウッドデッキのささくれ、トゲ、滑りは防げます!
木材の変色を長期/10年に亘って防止(人工木材以上の性能)

『ウッドレスキュー』はコロイドガラスを形成させる水性ベースのガラス系木材用ポリシロキサン塗料です。横浜大さん橋屋上ウッドデッキ21000平米の木材のささくれ、滑り防止工法に採用、無機造膜(20ミクロン以上)により、イぺ材のささくれを強力に防止します。滑り止め効果はCSR0.7以上を確保。東京都福祉のまちづくりの基準にも適合しています。保育園、幼稚園、小学校の木製デッキのささくれや滑りを防止にも採用されています。 従来のポリシロキサン樹脂塗料はアルコール溶媒にシラン類を分布させたもので、粘度が低く、無機系の造膜形成が困難でしたが、水性にすることで木材に簡単に20ミクロン以上の無機系の塗膜をつけれるようになりました。さらに従来のガラス系塗料の価格の三分一に抑える事が出来ます。第三者機関においての試験データも豊富に存在し、イエシロアリ試験、滑り性試験(CSR6.0以上)、JASS18M307試験、玩具安全基準(ST)などの試験を行っています。また着色も簡単に行えることで木材の美観を劇的に向上させます。

クリスタルストーン

塗るだけでコンクリート等の侵食・磨耗・劣化を防止!

『クリスタルストーン』は、コンクリートやモルタルなどの多孔質基材に塗布するだけで表面に保護層(ガラス層)を作る改質剤。
多孔質基材の弱点は水分、塩分、酸性雨、薬品など。徐々に侵食され、劣化が進みますが『クリスタルストーン』を塗れば、構造物の耐久性が格段に上がり、劣化も止められます。建て替えが難しいコンクリート橋脚、磨耗や水・油などの付着が気になる工場の床といった長期間の耐久性が求められる場所に最適です。

テリオスコート

各種基材表面に常温でホーロー質被膜を形成!
コンクリート・モルタル・スレート・金属・タイル・石材・木材などに対応!

テリオスコートは、無機100%の1液性コーティング材料で、コンクリート・モルタル・スレート・金属・タイル・石材・木材など、各種基材表面に常温でホーロー質被膜を形成します。

この被膜は、ガラスや石と同様の安定した物性を持ち、紫外線に強く超耐久性を発揮します。
無機質特有の不燃性の他、耐水性・耐薬品性・耐汚染性の向上等、有機塗料ではなしえなかった、長期的な耐久効果が実証されています。

木ごころ

木材の腐りや傷み、シロアリ食害は防げます!
木材の反り・狂いは防げます!
木材の変色、汚れ、紫外線劣化は抑えられます!

「木材の変色を抑える。木材の木地を10年維持させる。」
ガラス質浸透処理『木ごころ』
株式会社ニッコーのガラス質浸透処理『木ごころ』は常温で硬化する液体ガラスを用いて木材をガラス複合化させた改質処理技術です。

現在の日本の森林は戦後植林きれた人工林が約4割を占め、主にスギ、ヒノキに代表きれる針葉樹です。針葉樹は成長が早く加工がしやすい反面、硬度がなく広葉樹に比べてシロアリや腐朽菌に弱いといった難点があります。
「木ごころ」で液体ガラスを木材に浸透させ、ガラス成分が木材に吸着、固化されることで、針葉樹を広葉樹並みの硬度に高めることが可能です。同時に優れた耐候性により水、化学薬品、排泄物の侵入を防ぎますので、防腐・防蟻の効果を8倍に高めることができます。(京都大学試験データ)
また、液体ガラスは無機のため、環境に負荷をかけず、人体にも影響がありません。「木ごころ」は自然に優しい、環境性・安全生に優れた技術です。

【木ごころの3つの大きな特徴】

1.変色防止性能
 コロイドガラスは木材と結合することで木材を疎水性にさせますが、さらに、コロイドガラスは構造上、紫外線を吸収しやすい状態のため、木材の変色を防止します。その劣化防止作用は約3分の1。耐久性のあるシリコン塗装をすることで、白木木材の変色を5年以上防止することができます。

2.塗装性
 コロイドガラスで処理した木材は、カチオン性を示す物質がないため、塗装性や着色性に優れます。通常、木材防腐はカチオン性の成分で微生物を攻撃し木材を保存しますが、カチオン成分は塗装障害や発色性が悪い問題があります。(そのためナフサベースの木材保護塗料が使用されているわけです。)コロイドガラスで処理した木材はアニオン性のため、あらゆる塗料や接着剤に対応しています。

3.防腐防蟻性能・寸法安定性
 木材の水酸基をかさ上げすることで木材が疎水性になります。そのため水分がないと生息できない腐朽菌やシロアリを防止し、寸法安定性を向上させることができます。

新着情報

  • 2018年07月03日(火)

    お知らせ

    平成30年11月1日(木)~2日(金)10:00~17:00に東京都立産業貿易センター台東館5階展示室にて開催される、(公財)東京都中小企業振興公社主催の「東京くらしのフェスティバル2018」に出展します。 皆さまのご来場をおまちしております

  • 2018年02月05日(月)

    お知らせ

    2018年1月1日より本社を東京都町田市小山町4399-2に移転致しました。

  • 2017年10月16日(月)

    お知らせ

    株式会社ニッコーの特約代理店となり、液体ガラス事業に参入しました。

  • 2017年09月15日(金)

    お知らせ

    平成29年10月26日(木)~27日(金)10:00~17:00に開催される、(公財)東京都中小企業振興公社主催の「東京くらしのフェスティバル」に出展。

  • 2017年09月15日(金)

    ホームページ開設いたしました

    ファインノービスのホームページ開設いたしました。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ
お問い合わせメールフォーム

電話でのお問い合わせ
TEL:042-703-0068